FAQ : よくあるご質問

ご参考までに、今まで当協会に寄せられた質問の中から代表的なものを選んで、FAQにしてみました。
但し、予告なく追加乃至は修正されることがありますので、予めご了承ください。

Q1:  試験のテキストはありますか?

A: 試験の3科目とも、ここから出題されるという意味でのテキストは存在しません。
”更に続きを読む”
セミナー等で書名を挙げることはありますが、これらは全て参考書という位置付けとなります。なお、貿易に携わる者としては、信用状統一規則(ICC荷為替信用状に関する統一規則および慣例 UCP600)とインコタームズ2010(いずれも、国際商業会議所日本委員会等で販売)は必読書と言えるでしょう。

 

Q2: 合格した会員の試験体験記はどこかに掲載されていますか?

A: AIBAの会報「AIBAだより」に、「アドバイザー試験体験記」がよく掲載されていますので、参考にしてください。
”更に続きを読む”
会報は、AIBAホームページ→ABOUT US→左上のAIBAだよりをクリック・・にてご覧になれます。「AIBAだより」は約3ヵ月置きに発行されています。

 

Q3: 実力養成セミナーや直前対策ゼミを受講することはAIBA認定試験を受験するために必須でしょうか?

A: 受験対策セミナー(実力養成セミナー・直前対策ゼミ)の受講は必須ではありませんが、出題の傾向や試験に臨む際の留意点を把握するために大変有効であるということは言えます。過去のAIBA試験合格者からも次のようなコメントが寄せられています。
”更に続きを読む”

『多忙で国内出張も多かったため週末に開催される「実力養成セミナー」と「直前対策ゼミ」に参加させていただくことで貴重な集中学習の日を2日間確保しました。このセミナーとゼミに申し込むことでテキストも入手出来ましたし、講師の先生方から貴重な経験談や傾向と対策のお話が聴けるので今後受験する方にも受講をお勧めします。』

『受験対策セミナーで講師から薦められた税関のホームページの税関手続きFAQは話が具体的でテーマ別に分かり易くまとめられており参考になりました。(中略)受験を予定されている方は、2回開催されるセミナーへの参加は必須と思います。講習で説明を受けると、既知の個所とない箇所が明確になり、弱い箇所の勉強をされると効率的だと思います。』

『最初は、何を勉強すればいいのか判らなかったので、AIBAのセミナーを受講しました。このセミナーは、アドバイザー試験を受験するためには必須のものと思います。しかしながら、短期間で相当量の内容を駆け足で説明を受けることになりますので、事前の学習と事後での学習が非常に重要になると思われます。』

 

Q4: 国際マーケティングは何となく漠然として、つかみにくいのですが、どのような準備をすれば良いのでしょうか?

A: 幅広いマーケティングの知識及び最近の国際ビジネスの動向の理解が重視されます。参考文献として、ジェトロ貿易投資白書、通商白書、経済財政白書の最新版の要旨を挙げています。

 

Q5: 貿易英語ではどういう点が重視されるでしょうか?

A: 貿易英語の幅広い活用能力は当然ですが、英文ビジネス記事の理解力及びビジネスの局面に応じた英文作成が重視されます。

 

Q6: 前掲の試験のご案内に出てくる「試験の概要」はどう考えれば良いでしょうか?

A: この範囲から大部分出題されていますが、これ以外からも出題される場合もあります。従って、大凡の試験の範囲とお考えください。

 

Q7: 科目それぞれの出題数はどれくらいですか?

A: 昨年度の出題は以下の通りです。英作文を除き、全問4択でした。

”更に続きを読む”
科 目  時 間  出題数  配 点
 貿易実務 80分 50問 100点
 国際マーケティング 80分 50問 100点
 貿易英語 80分 35問 70点
英作文1問 30点

 

Q7: 試験用紙は試験終了後、持ち帰れますか?

A: 質問用紙及び解答用紙共に、試験終了次第回収しますので、持ち帰れません。

 

Q8: AIBA及びAIBAの活動について、知りたいのですが・・。

A: AIBAについては、AIBAホームページ上のABOUT USから協会についてをご参照ください。
”更に続きを読む”
又、協会の定款及び倫理規定も掲載されています。受験乃至入会される場合は、この定款及び倫理規定をお読みになり、了解されたとの前提で受け付けることになります。
又、AIBAの活動については、ABOUT USからAIBAだよりにアクセス願います。そこには、AIBAの最近の活動や会員の投稿等が掲載されています。更に、ほぼ毎月、勉強会があり、会員外の方も出席可能な会もありますので、興味があるテーマがありましたら、是非、ご出席下さい。有料ですが低額です。本件、協会トップページに掲載されていますので、ご参照下さい。